MSPF
世界中のモビリティデータを分析・可視化し様々なステークホルダーの価値創造を可能にするIoTプラットフォーム

About MSPF

MSPFについて

先進的なプラットフォームにより、画期的なオートローンサービスを実現

GMSのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)は、IoTデバイスから送信されたデータを、高速かつ大量に処理することが可能です。

その高機能なプラットフォームがあることにより、日本やASEAN諸国の多くのドライバーを支える、画期的なオートローンサービスを実現しています。

MSPFは、金融機関や決済システム、各種FinTechサービスなどと様々な形でデータ連携をすることができ、MSPFの活用によってパートナー様のサービスの可能性がさらに大きく広がり、ひいては、サービス利用者の皆様の生活を豊かにすることができます。

メーカー・機種を問わず様々なモビリティの制御・管理を可能し、
モビリティのデータを蓄積・分析・可視化します。

また、金融機関や決済システム、各種FinTechサービス等とのデータ連携を通じて、
様々なステークホルダーの価値創造を可能にし、これまでにない新たなサービスの創出を実現します。

Advanced Features

MSPFの優位点

使いやすいOpen API

MSPFの持つサービス機能とビッグデータを利活用するためのAPI(Application Programming Interface)を、パートナー様に開放しています。

データは細分化されリアルタイムに蓄積されているため、パートナー様ごとに必要なデータを連携できます。時間と場所を問わず、データへのアクセスが可能です。

世界各地対応のサポート体制

東京本社をはじめ、サービスを展開している国内外の各地にサポートスタッフを配置しています。

もしも問題が発生した際には、現地のエンジニアがすぐに対応できるよう、サポート体制を整えています。

高い安全性

MSPFは常にセキュリティ対策に取り組み、システムに脆弱性、漏洩や不適切な利用が起こらないようにしています。(特許取得済み)

情報セキュリティマネジメントシステムについて、ISO 27001を取得するなど安全性の確保に努めております。また、安定性の面では、10万台以上の規模の接続や管理でも全く問題はございません。