MCCS
最先端IoTデバイスによる価値創造

About MCCS

MCCSについて

独自技術の結晶が
新たなモビリティ社会とファイナンスの扉を開く

独自デバイス「MCCS」は、全世界で様々なモビリティと繋がり、データ通信を行う事ができる、最先端のIoTデバイスです。

位置や車両情報のセンシングはもちろん、エンジンの遠隔起動制御も可能です。公道上では決して止まることのないフェールセーフ機能を備えております。

MCCSは独自開発した技術の結晶ですが、サービス系CPUと監視系CPUの2CPU構成、2G、3G、4G通信モジュール搭載、OBDを使わない独自デバイスとの接続、24時間センシング、アクチュエータを介した車両の遠隔制御、HTTPSの標準プロトコルによる接続、堅牢なセキュリティ等の特徴があります。

MCCSからセンシングしたデータを可視化し、利用者の方の信用を創造することも可能です。

Advanced Features

MCCSの優位点

遠隔起動制御

MCCSはセンシングを行うだけでなく、エンジンの遠隔起動制御が可能です。この機能があることでファイナンスへの活用が可能となり、これまでに金融機関が提供できなかったような画期的なオートローンなど様々なFinTechサービスを実現しています。

カーシェアリングやオートリース、盗難防止にはもちろん、パートナー様のサービスに活用できる可能性はまだまだあるでしょう。

ビッグデータの活用

MCCSのセンシングデータは、GMSのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)に細分化されて蓄積されており、パートナー様ごとに必要なデータを連携でき、また、リアルタイムに分析を進めることが可能です。

パートナー様にはMSPFのAPI(Application Programming Interface)を開放し、ビッグデータの多様な活用を実現します。

様々なモビリティに取付可能

MCCSは、国内外において四輪、三輪、二輪の自動車、さらには建機から農機、パーソナルモビリティに至るまで、様々なモビリティに導入可能です。

国や地域における自動車の仕様の違いにも対応しているので、海外でのビジネスをお考えの方にも自信を持ってお勧めします。

FAQ

よくあるご質問
公道上でエンジンが停止することはありませんか?
決してございません。安全性には十分配慮したフェールセーフ機能を実装しています。(特許取得済み)
デバイスを取り外されたりしませんか?
容易に取り外すことのできない仕組みとなっております。盗難目的等、意図せぬデバイスの取り外しに対応するため、万が一取り外された際には、車両のエンジンをかからなくすることも可能です(特許取得済み)。また、取り外し通知がクラウドに送信される仕組みとなっています。なお、ご希望に応じて事前の契約により、エンジンがかかるように設定することも可能です。
デバイスは認証を取得しているのでしょうか?
各国で電波認証を取得しています。なお、電波認証を取得していない製品の使用は法律で禁じられております。
10万台レベルのデバイスの集中管理は可能でしょうか。
当然可能です。また、多数のデバイスから上がる情報をプラットフォームにて収集し、情報を整理し価値化する取り組みは多くのステークホルダーから高い評価を受けています。
デバイスは様々な通信規格に対応しているのですか。2G, 3G, 4Gは利用できますか。
もちろん、対応しています。そしてあらゆる国において全て対応できるのが当社の特徴です。