MCCS
最先端IoTデバイスによる価値創造

About MCCS

MCCSについて

独自技術の結晶が
新たなモビリティ社会の扉を開く

独自デバイス「MCCS」は、様々なモビリティと繋がり、様々なデータ通信を行う事ができる、最先端のIoTデバイスです。

位置や車両情報のセンシングはもちろん、エンジンの遠隔起動制御も可能です。

MCCSは独自開発した技術の結晶ですが、サービス系CPUと監視系CPUの2CPU構成、2G、3G、4G通信モジュール搭載、OBDを使わない独自デバイスとの接続、24時間センシング、アクチュエータを介した車両の遠隔制御、HTTPSの標準プロトコルによる接続、堅牢なセキュリティ等の特徴があります。

また、車載機用の高度加速度センサーやGPSモジュールを実装しており、端末単体で、車両の位置情報や危険運転情報を取得することが可能です。

Advanced points

MCCSの優位点

遠隔起動制御

MCCSはセンシングを行うだけでなく、エンジンの遠隔起動制御が可能です。この機能があることでFintechへの活用が可能となり、これまでに無かった画期的なオートローンサービスを実現しています。

カーシェアリングやオートリース、盗難防止にはもちろん、パートナー様のサービスに活用できる可能性はまだまだあるでしょう。

ビッグデータの活用

MCCSのセンシングデータは、GMSのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)にビッグデータとしてリアルタイムに蓄積されていきます。

パートナー様にはMSPFのAPI(Application Programming Interface)を開放し、ビッグデータの多様な活用を実現します。

様々なモビリティに取付可能

MCCSデバイスは、国内外において四輪、三輪、二輪の自動車、さらには建機から発電機に至るまで、幅広いモビリティに導入されています。

国や地域における自動車の仕様の違いにも対応しているので、海外でのビジネスをお考えの方にも自信を持ってお勧めします。

柔軟な対応力

MCCSは、位置情報など運行記録はもちろん、速度や燃料計測などの車両状態から危険運転に至るまで、様々なセンシングに対応することが可能です。これはパートナー様のご要望に合わせて開発を行い、成功してきた結果です。

また4G・3G・2Gの各回線への対応や、NFCといったインターフェースを備えるなど、さらなる使い方を提案できるポテンシャルを持っています。

Faq

よくあるご質問
公道上でエンジンが停止することはありませんか?
決してございません。安全性には十分配慮したフェールセーフ機能を実装しています。(特許取得済み)
デバイスを取り外されたりしませんか?
容易に取り外すことのできない仕組みとなっております。また盗難目的等のため、意図せぬデバイスの取り外しが生じた際には、瞬時に遠隔起動制御が作動して車両は動かなくなる仕様となっています。(特許取得済み)
デバイスは認証を取得しているのでしょうか?
各国での認証を取得しています。認証を取得していない製品の使用は法律で禁じられておりますので、採用される際には十分ご注意ください。
1万台レベルのデバイスの集中管理は可能でしょうか。
当然可能です。また、多数のデバイスからの上がる情報をプラットフォームにて収集し、情報を整理し価値化する技術は多くの金融機関様から高い評価を受けています。
デバイスは様々な通信規格に対応しているのですか。2G, 3G, 4Gは利用できますか。
全ての通信規格に対応しています。そしてあらゆる国において一台のデバイスで全て対応できるのが当社の特徴です。
自動車の制御系(CAN等)に介入しているのでしょうか?
CAN, OBD等には一切介入しない、安全性を担保したデバイスです。制御系に介入しハッキングを行う製品は、安全性が問われますので採用される際にはくれぐれもご注意ください。