News Release

ニュースリリース

プレスセンター

コネクテッドカーEXPOに出展
オートファイナンスの与信補強を実現するFinTechサービスを紹介
-遠隔制御システムのデモンストレーションを公開- 2017年1月18日

モビリティIoTベンチャーのグローバルモビリティサービス(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員CEO:中島徳至、以下GMS)は、2017年1月18日(水)〜20日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される日本最大級の自動車業界の展示会である、オートモーティブワールド2017内、“第5回コネクテッドカーEXPO”に出展いたします。


GMSブース イメージ

GMSは、独自開発IoTデバイス“MCCS”を活用した自動車の遠隔起動制御を可能にする技術を有しており、IoTと金融を掛け合わせ「オートファイナンスの与信補強」を実現し、従来、オートファイナンスを提供することができなかった方々へのファイナンス提供を可能にするFinTechサービスを、オートリース・ローン企業へ提供しております。

この度の展示会でのGMS出展ブースでは、自動車の遠隔起動制御を可能にするFinTechサービスの、デモンストレーションを実際にご覧頂けるよう準備をいたしました。
また、当サービスの提供にあたって不可欠である車載IoTデバイス“MCCS”の実機も合わせて出展いたしております。


車載IoTデバイス“MCCS(Mobility-Cloud Cnnecting System)”

GMSの出展ブースにて最先端の遠隔制御技術に触れて頂くことで、これからのオートファイナンスの可能性を感じていただけるものと考えております。

皆様のブースご来訪を、心よりお待ち申し上げております。

本件のお問い合わせ先
Global Mobility Service株式会社
担当:高橋
本社:〒105-0012 東京都港区芝大門1丁目12番16号 住友芝大門ビル2号館4F
電話:03-6264-3113(代) E-mail: info@global-mobility-service.com
URL: http://www.global-mobility-service.com/
補足
Global Mobility Service株式会社について

「モビリティサービスを通じて、多くの人を幸せにする。」をビジョンに、モビリティの遠隔起動制御を実現する独自開発の車載デバイス「MCCS」とモビリティサービスプラットフォーム「MSPF」を活用し、世界中で20億人にも上ると言われている従来オートローンやリースの与信審査に通過できない人々でも車両を購入可能にするMobility × IoT × FinTechサービスを日本、ASEANで展開しています。

2013年11月設立。資本金1,070,714千円(資本準備金含む)
本社:東京都港区芝大門1丁目12番16号 住友芝大門ビル2号館4F
代表者:中島 徳至(代表取締役 社長執行役員/CEO)

主な事業内容:
・モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)の提供
・クラウド上に蓄積したビックデーターの二次活用サービス

URL: http://www.global-mobility-service.com/