Vision & Strategy

2020年、500億デバイスを見据えて
モビリティIoTのトップランナーとしてチャレンジを続けます。

戦略

GMSは、最先端の車両制御デバイスをモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)とつなぐことで実現する、
付加価値の高いモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)サービスを展開します。
クルマとIoTの融合を高度に行うことで、これまでにない多くの事業機会を生み出すことを可能にしました。
この事業機会創出を、今後パートナー企業の皆様と共に将来を見つめ歩んでまいります。

第一ステージ
プラットフォーム構築ステージ

モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)を行っております。独自開発のMCCSデバイスや他社デバイスを、あらゆるモビリティに搭載し、必要なデータを弊社モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)に接続することで、コスト競争力、セキュリティ優位性、そして多くのアプリを活用するシステムにより、デバイスの価値を最大限に引き出し、個々のユーザーのニーズに合致したサービスを展開しております。

2020年500億デバイス時代に備え、各分野でのビッグデータの活用に十分な台数の普及を目指し、魅力的なモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)の構築を提携パートナーの皆様と共に進めてまいります。

第二ステージ
クラウド拡張ステージ

クラウド上に蓄積したビッグデータの二次活用サービスを行うことを目指してまいります。
世の中で必要とされる、価値ある精度の高い情報を安定的に提供するサービスは、多くのデバイスと接続出来てこそ成立するのです。

そして多くのビックデータからAI(人口知能)と独自アルゴリズムを高度に融合させる取り組みを、世界各国の研究機関や主要大学と共同研究を進めてまいります。
私たちは今世紀における時代が求めるゲームチェンジャーとして、同じ考えを持つ多くの提携パートナーの皆様と共に展開していきます。

我が社のコアコンピタンス

私たちの強みを活かし、社会が必要とするサービスを提供いたします。

  • 500億デバイス時代を想定し、FinTechと融合し拡張性の高い最先端のモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)
  • 世界中のあらゆるメーカーのデバイスからの情報をモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)側で抽象化する技術
  • デバイスから取得するデータの価値を最大化する、AIと独自アルゴリズム
  • 仮装デバイス化によりアプリ展開を可能にしたデーターテーブル
  • WebAPI開放により、オープンなApp開発環境
  • 23年間に及ぶモビリティのシステムインテグレート技術
  • あらゆるモビリティを遠隔制御及びセンシングできるMCCSデバイスシリーズ
  • 世界の2G・3G・4G等通信環境を問わず、全ての回線に対応したOEMデバイス
  • 業界月額最安値のデバイスやモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)
  • あらゆるコトづくり対応するためのコンサルティングサービスを含む市場創造