INTERN

Introduction

Global Mobility Serviceとは

世界で20億人の人々が、支払い能力があるものの、ローン申込み時の審査に通過せず、自動車を入手することができません。また、ファイナンス機会を得られないことから新たな低炭素型車両へと買い換えることは困難であり、経年劣化した車両による排気ガスや騒音問題が、新興国において深刻な社会問題となっています。 また、「仕事を行うために自動車を必要としている」人々がローン審査に通過できないために自動車を購入できないことは、活躍の機会を失うばかりでなく、自動車業界としては新車や中古車の販売機会の損失、ファイナンス業界としてはローンやリースなどの金融機会の損失など、様々な市場経済の機会損失が生じているのが実情です。

そのような状況下、Global Mobility Serviceは「モビリティサービスの提供を通じて、多くの人を幸せにする。」を経営理念に、モビリティの遠隔起動制御を実現する独自開発のIoT車載デバイス「MCCS」とモビリティサービスプラットフォーム「MSPF」を活用し、”与信がなく車両を購入できない”方々に対し、”利用料金の支払いが止まれば車両を遠隔起動停止して回収する”ことを条件とし車両を提供するサービスを提供。 「車さえあれば職を手にして生活が豊かになる」という人々に対し、人々が自らの意思によって生活水準を向上させることのできるきっかけを生み出すことで、真面目に働く人々が正しく評価される社会、誰もがクルマを始めとするモビリティを利用できる社会の実現を目指しています。

2018年には、国内Mobility, IoT, FinTechの各業界における未上場ベンチャー企業で最多となる東証一部上場事業会社10社以上が資本参加。 出資各社と連携し、与信課題を解決しファイナンスの利用機会を創造する「Financial Inclusion(金融包摂)」を実現します。

About Intern

インターンについて

実際の会社経営に関わってほしい

皆さんがイメージするような制度化された就業体験ではなく、GMSのインターンでは、実際にGMSの一員として社員と同等の裁量の仕事を行ってもらいます。 具体的には、サテライトオフィスのマネージャーとして、スタッフの採用とマネジメント、売上計画立案と実行を行うなど、通常のインターンシップではできないような就業体験を積んでいただきます。 そのため、これまでの経験やインターンに対する想い、語学力など、GMSのインターンで活躍できる素養を持ち合わせているかという点を面接時に見ることになります。

本当の意味での就業体験をする中で、GMSの仲間の一員として誰からも認められる関係を築き、自分からGMSをより一歩前へと進めることを、インターン生には求めています。 大学生の皆さんにとっては、高い要求かもしれません。しかし、このインターンが終わった時、皆さんは今までと違う自分に出会えることでしょう。

出来上がった仕組みをこなすのはアルバイト

「AI(人工知能)の台頭」、「新興国の発展と先進国の停滞によるパワーバランスの変化」など私達が過ごす環境はますます不確実性が増しています。 そんな中で、勝ち抜くことができる人材は、「ゼロから1を生み出せる人材」、つまり新しい仕組みをどんな環境であっても創ることができる人です。

GMSのインターンシップ制度では、多くの学生がこれまでアルバイトを通じて経験してきたような仕組みをこなす仕事ではなく、より難しいとされる仕組みを創る仕事を行っていただきます。 大学卒業前から、社会で求められる能力を身に付け、いち早く活躍できる準備をしてみてはいかがでしょうか。

多くの学生がチャレンジ

これまでチャレンジ精神豊富な学生さんたちを数多く受け入れ、その成長をサポートしてきました。海外での長期インターンシップは実績ある私たちにお任せください。

インターンについてわからないことがあればいつでもご相談ください。皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

Requirements

インターン募集要項
主な業務内容

経営者意識を持ちながらマネージャー職同等の業務を体験頂きます


・提携企業やドライバーに対する営業活動

・現地キーパーソンとの関係構築

・業界のマーケットリサーチ

・サービスに関するレポート作成

・サテライトオフィスの立ち上げに向けた、物件探し、人材採用、新規アライアンス

・サテライトオフィスマネージャーとして現地スタッフのマネジメント

・売上計画立案と予実管理

インターンシップの成長ステップ 成長ステップ
インターンシップを行うことによって身に付く能力

・新興国でも一人でマーケットを切り拓くことのできる起業家精神

・数字を見ながらロジカルに物事を考える力

・ファイナンス、モビリティ領域に関する知見

・行政及び様々な業界、業種を巻き込むリーダーシップ

インターン勤務条件 半年以上、東南アジアのオフィスで勤務できる方
勤務予定地 本社(東京)、フィリピン現地法人、カンボジア現地法人、その他ASEANを中心とした展開予定国

Intern voice

インターン体験談
J.Terada
広島経済大学

元々カンボジアで教育支援のボランティア活動を行なってきましたが、その中でボランティアで貧困は本当の意味で救えるのか悩んでいた時に出会えたのが中島社長でした。 社長の講演を聴き、ビジネスで貧困を救う方法があるのかと感激し、1年間のフィリピンでのインターンを決意しました。

渡航当初は毎日が失敗の連続で大変な思いもしましたが、社員の皆さんのサポートもあり、後半では、サテライトオフィスのマネージャーを任せて頂けるまでに成長しました。 最初の3ヶ月間は、営業活動を行い、GMSの仕組みや仕事を理解したり、社内や社外の人と関係構築したりしました。 半年が経つまでには、自分一人ではなく5人ほどのチームを作り、ユーザーのサポートを行い、その後は0からのサテライトオフィスの立ち上げの中で、オフィスの物件探し、人材採用、マーケティング、サプライヤー様との提携などすべてを任せて頂けました。 立ち上げ後はマネージャーの立場としてリーダシップを発揮し、オフィスを黒字化するところまで導くことができました。

このインターンを通して身についた能力で1番重要なのは当事者意識です。当事者意識=人に依存しないことであり、海外で生きていく上で絶対になくてはならない人間としての土台だと思っています。 最初は成果が出ずに悔しい思いをしたことや、マネジメントがうまくいかず落ち込んだこともありました。 しかし、積極的に現地の人たちに溶け込み同じ目線を持つことで距離を縮めることができました。 ここで出会えたオフィスの仲間たちは本当に信頼し合える一生の仲だと思います。ここで得た経験を活かし、社会に役立つ仕組みを生み出すような「社会のリーダー」になりたいと思います。

M.Katsuno
法政大学

学生時代、アフリカでBOP層向けの太陽光ランプの売買をしていた時、彼らの多くが欲しくてもそれを買うことができないという現実に直面しました。 そんな中、「貧困層に選択肢を与えるための、適切な金融商品を提供したい」という思いを持ち続けていた中、GMSと出会い、これからの金融を変えるサービスを提供していると感じたため、インターンに参加することを決意しました。

最初は、仕事にも慣れずどうしていいか分からないという状況でしたが、事業開発という業務に携わらせてもらう中で、仕事にどう向き合うべきなのか、人から信頼を勝ち得るためにはどう動くべきなのか、基本的ながらも人として最も重要なことを一番に学ばさせていただきました。 具体的には、独立行政法人への企画提案/事業報告書作成、多方面の業界マーケットリサーチ、サービスに関するレポート作成、金融機関や各企業への営業等を行い、資料作りや企画書の書き方・金利の計算法や営業法などのテクニカルな部分も学ぶことができました。

この春より、私はGMSカンボジアの社員として仕事を始めましたが「誰もが自らの意思を持って、未来を決定できる世界を作り上げる」という目的を軸に、より多くの人に貧困層への金融商品の提供を行っていきたいというところは変わりません。 その上で現在はカンボジアでビジネスを大きくすることカントリーマネージャーを任されるようになるまで成長をし、より貧困層が使いやすいサービスを提供していくことを近々の目標にしています。

R.Kawaguchi
名古屋市立大学

私は以前、国際協力団体の支部設立時にインターンをしておりましたが、非営利団体であるが故に、本当の意味での支援ができないという葛藤に苦しむ経験をしました。 そのため、インターン先の社長が教えてくれたGMSでは、実事業で最先端のIoT技術を利用し、現地の人を巻き込みながら、持続可能なビジネスモデルで貧困問題を解決している点に魅力を感じて、インターンを志望しました。

インターン開始当初は、フィリピン人の方々の考え方や行動傾向の理解に不安がありましたが、社員さんに人脈構築のコツを教えていただき、毎日ドライバーと一緒に過ごし、表情の変化が何を意味するのかを常に考える中で、理解を深めることができました。 最初の仕事として、GMSのローンを完済したドライバーへの証明書授与式の準備と、そのセレモニーの取材を行う日本のテレビ局の対応を行いました。そのセレモニーには100人以上が詰めかけ、その光景を見たときに、このようなビジネスが地球上には存在しなければならないと実感しました。

その後は、プログラミングを教えて頂き、GMSドライバー約2000人以上の情報と車両の管理を自動で行えるシステムを構築できるようになりました。その中で、オペレーションやエンジニア、セールスなど、多くの部門と連携して、問題点を整理し、自動化できる要素を整理しました。 インターンを通じて、様々な人達を巻き込む事や予測不能の事態へのタフさが身についたと思います。またゴールを細分化して、達成に向けて実行し続けていく手法を習得し、前進を続けていく力が身につきました。 インターン後は、BOP層向けビジネスでの起業、あるいは学生団体を設立・運営を実現し、将来的には、様々な国籍の人が集う中でリーダーシップを発揮できる人間になりたいと考えています。

Y.Yamada
都留文科大学

幼い頃から海外で生活をしてきた中で、途上国の貧困解決に関心を抱き、大学生活では途上国支援のNGOに参画するなど、自分に関心のある活動を行ってきました。 その中で、持続可能性のあるビジネスという形で支援を行うソーシャルビジネスに興味が湧き、ユニークなデバイスを利用し、日本が世界的にプレゼンスのある自動車領域で海外に貢献できるGMSでのインターンの参加を決意しました

インターンに参加してみると、自分はこうしたいという想いと現実とのギャップ、またそのギャップを埋める方法もわからない状況が続き、自分自身の未熟さを感じました。 そんな時、フィリピン現地法人COOの中嶋さんが、「自分の足を使って現場に出向き、目で見て、話して感じることがあったら自分から行動を起こしてみなよ」という言葉をかけていただき、方法がわからなくなったら、答えは現場にあるということを学ぶことができました。

最初の1ヶ月は、全体のオペレーションを学ぶことが中心でしたが、それ以降はサテライトオフィスのマネージャーとして、全体の数値計画を立て、行動を起こし、実績値と計画値に差があれば、次のプランを考えるということをやっていきました。 その中で、数字を見てロジカルに物事を考える力や、マネージャーとしてスタッフの手本となるように行動する責任感を学びました。

インターン終了後は、今回の経験での気づきを活かるよう、意識した学生生活を送りたいと考えています。 また将来的には、世界の1人でも多くの子どもたちが心からの笑顔で笑え、また夢をもちそれらを実現するための機会を持つことができる社会の創造を実現していきたいと思います。

  
T.Suzuki
東京大学

途上国の社会課題をビジネスの力を通じて解決したいという想いを持ち、大学3年生の春休みから1年間日本及びASEAN各国でのインターンシップに参加させて頂きました。様々な領域の最前線で活躍されてきた社員の方々から直接指導を受けることができ、事業を立ち上げるために必要なマーケティング/ファイナンス/PR/経営戦略等の様々なノウハウを、実体験を通じて習得することができました。 インターン当初は「社会を良くしたい」という想い以外は何も持っていなかった私でしたが、今ではビジネスを通じて自ら社会を変えていくことができるという自信がつきました。今後は世界の様々な社会課題を解決していく事業を自ら立ち上げ、社員の方々と同様に自分の夢の実現のためにさらに努力を続けていきたいです。

                 
K.Danjo
岐阜大学

夏季に開催されたインターンシップに応募し、フィリピン現地でGMS社員の皆さんと様々な経験を積まさせていただきました。そこではクルマの枠を超え、社会づくりに相応しいレベルの高い社員の方々を目の当たりにしました。特徴的だったのは、ベンチャーらしく社長を中心に全員が同じベクトルやスピリッツをもちお互いの強みを遺憾無く発揮していたことです。そんな環境に一定期間インターンシップを通じて身を置けたことは生涯忘れることのできない素晴らしい経験でした。この経験を今後の人生に活かしていきたいと思います。

                 
M.Tsujino
大阪大学

世界で与信審査が通過しないギャップを埋めるためのGMSのテクノロジーを用いてどのように現地で市場開発が行われているのか、その現場に触れたい思いで、フィリピン現地でのインターンに参加させて頂きました。様々な現地法人や現地の人々との商談の中で、事業のスキームなどのプラクティカルな部分はもちろんですが、そこにある人間関係や現地の商習慣を理解した行動などが事業を進めるポイントであることを痛感しました。また現地のCOOのが社員やパートナーを巻き込んで動かしている姿を見て私も今後、学生生活を通じ人間力を高めていき、このインターンで学んだことを生かして社会をを動かしていける人間になりたいと思います。

K.Taketani
法政大学

将来の自分に対して、焦りを感じていた大学2年生の冬にフィリピンでのインターンシップに参加させていただきました。中島社長の、「本気でビジネスで貧困を救い社会を変える」という熱い思いを目の当たりにして、世の中にはこんなにも素晴らしい、人間力を持った人がいる事にとても衝撃を受けました。中島社長を始め、現場で戦う高い志を持った社員の方々など沢山の素敵な大人に出会うことができ、私自身が受けた現場での刺激は、とても新鮮でその後、毎日を意識して生活することが出来るようになりました。フィリピンでの経験は、私の世界観や価値観を大きく変えました。フィリピンで学んだことを、今後の人生に最大限に活かしたいです。

Pre entry

プレエントリー
お名前必須
ふりがな
メールアドレス必須
志望
履歴書

下の「入力内容を確認する」ボタンを押下してメールソフトが起動したら、手動で履歴書ファイルの追加をお願いします。

※40M以内のjpgまたは、PDF形式
その他