NEWS

グローバルモビリティサービスとデンソー インドネシアでコールドチェーンの実証事業を開始
~小口保冷輸送サービス提供の事業可能性を検証~

株式会社デンソー
グローバルモビリティサービス株式会社

Global Mobility Service株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員/CEO 中島 徳至、以下「GMS」)と 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、取締役社長 有馬 浩二、以下「デンソー」)は、インドネシアにおけるコールドチェーン物流網構築に向け、 生鮮食品などを商業施設や一般家庭に配送する小口保冷輸送サービスの実証事業を10月から開始します。 今回の実証は、将来的な事業化に向けた課題の特定とその解決を図るためのビジネスモデルの確立を目指すものです。

ASEAN各国では、経済成長に伴う食生活の多様化や電子商取引の普及などにより、冷凍冷蔵食品への需要が高まっています。 一方で、食の安全・安心を確保する保冷輸送サービスにおいて、保冷車の不足などの課題を抱えており、 保冷車の導入を進めるとともに、配送を担うドライバーを確保するために就業機会を増やしていくことが必要とされています。

今回の実証事業では、インドネシアにおける小口保冷輸送サービスの実現可能性を検証します。 デンソーの小型冷凍機を搭載した小型保冷車をドライバーに貸し出し、ドライバーは、荷主から請け負った生鮮・冷凍食品の配送業務を行います。 配送業務を通じて、小口保冷輸送のニーズや課題、ドライバーの配送収入などを検証し、将来的には、GMSが事業展開する車両ローン返済の仕組み*をインドネシアで展開することを目指します。 これにより、これまで与信審査が通らず車両を所有できなった貧困層や低所得者層の就業機会の創出・所得向上とともに、インドネシアにおける保冷輸送サービスの改善に貢献します。

GMSは、日本発の金融包摂型のグローバルベンチャーとして、真面目に働く人が正しく評価される仕組みを創造すべく、 「モビリティサービスの提供を通じ、多くの人を幸せにする。」を理念に掲げ、日本及びASEAN各国で活動しています。 世界で17億人にも上る金融サービスへアクセスできない人々へ活躍する機会を創出することを通じ、社会課題解決型企業として事業をより一層推進します。

デンソーは、2017年3月にGMSに出資して以来、モビリティIoTビジネスの発展可能性の検証を重ねてきました。 さらに新興国を中心に様々なビジネスの可能性を検証するため、2019年8月に追加出資を行い、今後は商用車向けにビジネスを行うドライバーやサービス業者のニーズや課題を把握し、 市場ニーズ先行型の事業開発を推進するとともに、コールドチェーンなどの物流網構築を目指します。

GMSとデンソーは、提携先の荷主やファイナンス会社各社と共に、IoT技術を活用した革新的なサービス展開により、働く意欲のある人の生活を豊かにすべく、食の安全・安心な輸送に取り組み、持続可能な社会づくりに貢献します。

*GMSが事業展開する車両ローン返済の仕組み
IoTデバイスとモビリティサービスプラットフォームを活用した仕組み。リアルタイムに車両を管理し、ローンの返済が滞納された場合には、 遠隔操作でドライバーがエンジンを始動できない状態にし、返済完了後にエンジンを始動可能な状態に戻すことで、ドライバーに対して計画的な返済を促します。
SDGs
<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
デンソー 広報・渉外部 鈴木・松田 TEL:0566-55-9752
GMS CEO室 大久保・深田 TEL:03-6264-3113

■実証実験の概要

締結日
2019年6月10日(月)
目的
インドネシアにおけるコールドチェーン物流網構築に向けた、小口保冷輸送サービス提供による事業可能性の検証
内容
(検討事項含む)
  • 実証事業にご参画頂ける荷主様候補へ営業
  • 実証事業終了後の金融機関様による配送ドライバー向けローンの提供に向けた経済合理性の仮説検証
  • ASEAN等各国での事業可能性の調査、テストマーケティングの実施
  • デンソー製冷凍・冷蔵機温度管理データの取得・分析に向けた検討

■Global Mobility Service株式会社の概要

GMSは、独自開発の自動車の遠隔起動制御を可能にするIoTデバイス「MCCS*1」と モビリティサービスプラットフォーム「MSPF*2」を活用したサービスモデルを構築し、 日本国内およびASEAN各国市場に提供しています。2019年3月には経団連へ入会し、 Society5.0 for SDGsと親和性の高いビジネスモデルとして注目され、また、 代表の中島は経済産業省の「SDGs経営/ESG投資研究会」の委員に選出され、「SDGs経営ガイド」の発行に寄与するなど、 SDGs達成に向けたモデルケース事業として高く評価いただいております。

*1 「MCCS」とは、Mobility-Cloud Connecting Systemの略称で、自動車の位置情報を特定すると共に、 安全に自動車のエンジン遠隔起動制御行いセンシングを可能にするシステムです。 *2 「MSPF」とは、Mobility Service Platformの略称で、モビリティを対象とした管理・制御・データ分析等を行い、 クラウド上でOpen APIを通じた外部システムとの連携を可能にするプラットフォームシステムです。

会社名
Global Mobility Service株式会社
代表者
代表取締役 社長執行役員/CEO 中島 徳至
所在地
東京都港区芝大門1丁目12番16号 住友芝大門ビル2号館 4階
事業内容
  • モビリティサービスプラットフォームの提供
  • クラウド上に蓄積したビッグデータの二次活用サービス
設立日
2013年11月25日

■株式会社デンソーの概要

会社名
株式会社デンソー
代表者
取締役 社長 有馬 浩二
所在地
愛知県刈谷市昭和町1丁目1番
事業内容
自動車関連分野を中心に、生活・産業関連機器など、自動車技術を応用したさまざまな事業を展開
設立日
1949年12月16日