GMSの最先端技術が可能にした
Fintech × IoT × モビリティの融合

まずは第一弾
クルマを買えない世界の20億人を救うGMS プロジェクト始動
~与信と環境問題をIoTの力で解決する~

最先端IoTデバイス「MCCS」を軸にモビリティをコントロールすることで車社会の未来を実現する。

独自開発の遠隔起動制御デバイス(MCCS)をベースとし様々なモビリティ普及のお役に立てるサービスを実現したいと考えています。
MCCSは金融機関やローン・リース会社、セキュリティ会社が対象としているあらゆる車両(自動車・建機・農機・船舶など)に搭載可能であり、車両情報や走行情報のセンシング・遠隔制御を通じて、車両盗難に備えつつ与信の与えられない新たな社会人や、事業の経過期間の短い皆様が頑張ることのできる社会づくりと、一億総活躍時代に不可欠な与信不要ファイナンスを実現するサービスをサポートしていきます。

車速コントロール、エンジンON/OFF制御等多様な遠隔制御が可能
多彩なインターフェイスを搭載し、
あらゆる情報のセンシングを実現
自動車やバイクを始め、工作機械、事務機等多くの機器に後付けで搭載可能

モビリティのビッグデータを活用

クラウド上に蓄積したビッグデータを分析し、社会に求められる情報提供を行っています。
交通事故の削減、サービス経済効果の最大化、交通渋滞の解消等、私たちが提供する情報テクノロジーが、より良い社会を実現することを確信しています。

私たちは新たなモビリティ社会を創造するゲームチェンジャーとして、ご賛同いただける提携パートナーと共に事業を展開してまいります。

GMSパートナーシップ構想が
IoT社会とモビリティの在り方を変える

2020年には、世界のIoTデバイス数が500億個を超えるという時代が到来します。決済システムを持ち合わせ、コスト競争力とセキュリティ優位性を備えた、私たちの開発した最先端IoTプラットフォームに、世界中からアプリケーションプレーヤーからの商品提供を受け、世界中の様々なデバイスがこのプラットフォームにつながり、人々の生活を豊かにする用途に合わせた様々な二次サービスを実現できるオープンプラットフォームとしての利用用途を思い描いています。私たちは世界を舞台に挑戦を繰り返すことで、これまでの世の中にない新たなビジネスモデルで、多くの人々の暮らしが豊かになるサービスを提供してまいりたいと考えています。

コネクテッド・モビリティの新時代に向けて

私たちが開発したIoTプラットフォームをベースに、独自開発の最先端デバイスを
あらゆるモビリティに搭載し融合させることで、今までのバリュチェーンを根底から覆す素晴らしい事業モデルが完成しました。
これにより世界各国での新産業の創出と、環境改善への明るい道が切り拓かれていきます。

※音声が出ますので、ご注意ください。

ACTIVITY活動報告

  • 車両情報センシング可能なMCCS mini開発に成功

    0秒で車両に装着することで、盗難防止はもちろん、あらゆる危険運転や位置経路情報等を24時間センシングできるデバイスの開発に成功しました。

  • 第三者割当増資のご報告

    SBIインベストメント(株)を引受先として第三者割当増資を実施いたしました。モビリティIoTの先進的なプラットフォームサービスの構築及び、機動的な事業推進を行うために3億円の調達を行いました。

  • 本社移転のお知らせ

    これまでJR東京駅に位置するサピアタワーに本社を構えておりましたが、この度業務拡大に伴い、東京都中央区銀座に本社を移転いたしました。 今後は順次各OEMからの車両採用を行なっていく計画です。

  • フィリピン マカティ市庁舎にて調印式

    実証実験を経て、弊社サービスの大量導入に向けた合意締結を行いました。今後マカティ市を始め交通局は弊社が行う画期的なサービスを全面的にバックアップしていただくことになりました。

  • フィリピン現地法人設立

    かねてより、現地駐在員事務所として活動を行って参りましたが、この度弊社の100%子会社として、フィリピンマカティ市に本社を構えることとなりました。

  • 世界で初めてモビリティIoTプラットフォームの事業化に成功

    フィリピン最大の電力会社、通信会社、決済会社とシャングリラホテルにて提携発表記者会見を行いました。フィリピン国内で始まるIoTサービスを各社連携して進めてまいります。

  • 富士通様とフィリピンにおける開発プロジェクトを合同プレスリリース

    富士通様が開発したSPATIOWL(スペーシオウル)システムと当社のIoTプラットフォームをAPIで融合し、今後需要が見込まれる電動車両の電池寿命予測や残存距離のサービス開発を行って参ります。

  • フィリピン ケソン市庁舎にて調印式

    人口約300万人を誇る同国最大都市のケソン市で、電動トライシクル導入に向けた合意書を締結いたしました。

  • フィリピンの電動バイクメーカー車両を実証実験用に採用

    新興バイクベンチャーであるETRO社が製造する電動バイクを採用いたしました。現地ではリテウムイオン電池搭載の電動車両のニーズが多く、順次各OEMから車両採用を行っていく計画です。

  • フィリピン マカティ市での実証実験

    フィリピンを代表するメトロマニラの中心都市であるマカティ市において、関係省庁やタクシー組合の協力の下、大規模導入に向けた実証実験が全ての項目をクリアし、無事に実証実験を終了いたしました。

  • 遠隔起動制御を可能にした“MCCS”の開発に成功

    世界中のモビリティに商品付加価値を与え、車両のより一層の拡販を実現するために開発された、3Gにより車両を遠隔制御する機能を搭載したセンシングデバイスです。

MEDIA PERFORMANCEメディア実績

TV東京
TBS
日本経済新聞
日経産業新聞
読売新聞
日刊工業新聞
日経BP
日経ビジネス
日経Automotive
日経コンピュータ
日経コミュニケーション
yahoo!ニュース
Response
REUTERS

PRESS RELEASEプレスリリース